クレジットカードの暗証番号はどうして必要か?

クレジットカードの暗証番号について

クレジットカードの利用で、暗証番号が必要な理由とは?日本と違う、海外でもクレジットカードと暗証番号の問題。

クレジットカードの暗証番号の必要性

クレジットカードの暗証番号は、どうして必要なのでしょうか?実は、クレジットカードは非常に重要な、それぞれの個人情報にアクセス出来るツールになっています。

ICカードの場合は従来のカードと違って、その場で本人確認の証明に使える程のカードとなっているのです。

この為、海外のホテル予約ではクレジットカードの提示が求められる事も多いです。例え、ホテルの料金を現金で支払うとしても、身分証明書の代わりにホテル側がコピーを取る事があるので注意しましょう。

海外では、日本以上にカードを使う機会の多い「カード社会」となっています。防犯上、現金をあまり持ち歩く事が少ないので、クレジットカードで買い物をしたり、カードでサービスを受ける事が殆どです。

海外でのカード事情

しかし、海外のクレジットカードと日本のクレジットカードには大きな違いがいくつか存在しています。まず、海外のクレジットカードはデビットカードとしての役割が大きいです。

反対に、日本のように分割やリボ払いが出来るようなクレジットカードは少ないのです。この為、買い物やキャッシングは銀行口座からすぐに直結して引き落としが行われます。

海外でも、クレジットカードを利用する場合は暗証番号の入力が求められるので、しっかり(番号を)忘れないように覚えておいて下さい。

暗証番号はしっかり覚えましょう

海外のクレジットカードはどちらかと言えば、小切手のような感覚で使う事が殆どです。日本のカードのように、キャッシング被害に遭う事は少ないので、より安心して使う事が出来ます。

一方、日本のクレジットカードは高額利用が出来るので、持ち歩きや携帯には十分注意しましょう。特に、海外からハッキング被害に遭った場合は、クレジットカードからお金を引き出される恐れがあります。

暗証番号は、パソコンの中に置いておかない事、またウイルス対策やセキュリティ対策は、十分すぎる程きちんと行って下さい。

備えは、きちんとしておいてこそ、安心してクレジットカードを使う事が出来ます。反対に、暗証番号の管理がずさんにしておくと、後で大きな後悔をする事になりかねません…。

ウイルス対策もしっかりと行う

暗証番号は、クレジットカードを使う限りどの場所でも求められるものです。きちんと、間違えないように覚えておきましょう。