クレッジトカードのサインと暗証番号入力の違い

クレジットカードの暗証番号について

クレジットカードの利用で、暗証番号が必要な理由とは?日本と違う、海外でもクレジットカードと暗証番号の問題。

クレジットカードの暗証番号はいつ使う

クレジットカードの暗証番号を入力する場面、必要な場合はどのような時でしょうか?

まず、クレジットを使ってショッピングを行う場合、ICカードの導入を行っている店舗では、会計の際に暗証番号の入力が求められます。暗証番号を何度も間違えると、カードが利用出来なくなってしまうので、必ず番号は忘れないように記憶しておきましょう。

暗証番号が分からない場合、店舗によっては「サインで結構です」と言ってくれるケースもあります。しかし、分からない事でカード利用に時間が掛かる事もあるので、十分注意しましょう。

暗証番号を何度も間違った事でカードがストップしたり、使えないようなケースが連続してしまうと、新しいクレジットカードを再発行する事になります。面倒な手続きをしなくて済むように、暗証番号は必ず無くさない(忘れない)ようにして下さい。

暗証番号はショッピングの他に、キャッシングを行う場合でも使います。提携銀行やコンビニATM、専用のキャッシング機械で利用する際、暗証番号の入力が求められます。

また、キャッシングは気軽に出来るので、その分盗難対策に気を配る事も重要です。万が一カードを無くしてしまっても、被害に遭わないような暗証番号を設定しておきましょう。

最近ではネットショッピングでクレジットカードを使う機会が増えてきています。この場合、クレジットカードの暗証番号(PINコードの入力)が必要な事もあります。出来るだけネットでショッピングを行う場合は、セキュリティ対策が万全なところに限定して使うようにしましょう。

海外から商品を購入したり、お取り寄せでクレジットカードを利用する機会も多いと思います。このような場合、海外のセキュリティ対策について不安な事もあるでしょう。海外での商品やサービスの利用時には、出来るだけプリペイド式のクレジットカードを利用するなど、自分で出来る範囲のセキュリティ対策を行って下さい。

安易にクレジットカードの情報や暗証番号を書き留めておかない事も大切です。複雑な計算式にしたり、自分以外には絶対に分からないような暗証番号を選ぶようにして下さい。ただし、ご自身が暗証番号を忘れてしまわないように...。