トラブルにならない為に暗証番号の管理に注意しよう

クレジットカードの暗証番号について

クレジットカードの利用で、暗証番号が必要な理由とは?日本と違う、海外でもクレジットカードと暗証番号の問題。

クレジットカードのトラブルに注意

クレジットカードの暗証番号を設定する際、出来るだけ分かりにくいものを選ぶべきです。

クレジットカードの安全を守る為に、ぜひ避けたい暗証番号には、生年月日や電話番号、現在の住所の郵便番号、番地などがひられています。また、連続する同じ数字を4桁並べたような暗証番号も避けておいて下さい。

こうした暗証番号を設定してしまうと、万が一カード情報が抜き取られた時に、すぐに被害に遭ってしまいます。もし、他人に分かってしまうような簡単な暗証番号を設定してると、被害に遭ったときでもカードの盗難保険の対象外となる事があります。

安易な暗証番号を設定してしまった場合は、すぐにカード会社に連絡して、暗証番号を変える手続きを行って下さい。

盗難以外にも、インターネット上でハッキングに遭う等、様々なケースの情報漏洩があります。どんなに自分で気をつけていたとしても、企業側で個人情報の管理が甘いというような問題も考えられます。

実際に、ショッピングサイトや通販会社、その他にも、様々な企業が、利用会員の情報を漏洩させてしまうようなケースは後を絶ちません…。万が一、企業がハッキング被害に遭ったときでも、慌てずに冷静な対応を行うようにしましょう。

企業以外にも、ご自身のパソコンや携帯、スマートフォンにしっかりウイルス対策をする事が大切です。ウイルス対策ソフトを導入する他にも、ロックを何重にも設定するなど、細かく対処していく事が暗証番号の管理には重要です。

もし、何も対策を行っていないという方は、今からでも遅くありません。しっかりとクレジットカードの暗証番号を守る方法を行って下さい。

手帳やスケジュール帳にも、暗証番号は記入しておくのはいけません。パソコンやデータにも、普段持ち歩くものに書いておくのも良く無いでしょう。

出来れば、家のなかで管理出来るものや、他人からは絶対に推測出来ないような複雑な暗証番号を考える事がおすすめです。

また(設定する際)クレジットカードに写真付きのものを選択するといった工夫も出来ます。

その他にも、海外でショッピングをする場合は、使い捨てのプリペイド式クレジットカードを利用するなど、上手に使い分ける事が大切です。